除毛剤はデリケートゾーンに生えている陰毛に使えるの?

 

除毛剤,デリケートゾーン,陰毛

 

除毛剤は腕や足などのムダ毛処理を目的として使う人が多いですが、デリケートゾーンには使用できるのでしょうか?

 

デリケートゾーンの処理には使えない

 

除毛剤,デリケートゾーン,陰毛

 

デリケートゾーンに生えている陰毛処理には使えるのかと言うと、陰毛処理を目的として使うことは出来ません。除毛剤の成分はデリケートゾーンにとって刺激となってしまうものも含まれていて、肌が赤く腫れてしまうといったトラブルが起こる可能性もあります。

 

除毛剤には肌を溶かす成分が含まれている

 

除毛剤,デリケートゾーン,陰毛

 

除毛剤に含まれている成分の中に、肌をわずかですが溶かしてしまう「チオルグリコール酸カルシウム」があります。

 

除毛剤は、チオグリコール酸カルシウムが毛を溶かして除毛することでムダ毛処理できますが、デリケートゾーンに生えている陰毛に使ってしまうと、陰毛周囲の敏感な部分に大きな刺激となり、かゆみや赤みなどのデリケートゾーンのトラブルにもつながります。

 

チオグリコール酸カルシウム自体は肌へのダメージは少なく安心で安全な成分ですが、デリケートゾーンの陰毛に対しては刺激となってしまうので、陰毛処理として除毛剤を使うのはおススメできません。

 

よって、除毛剤で陰毛を処理するのは危険であり、陰毛が生えているデリケートゾーンは皮膚が繊細になっていて、細菌が繁殖しやすい部位でもあります。

 

そういったところに除毛剤を使用することは成分が肌に染みて炎症を起こしたり、赤みやかゆみのリスクを高めるので除毛剤で陰毛処理をしてはいけないことが分かります。

除毛剤の選び方とは?

 

除毛剤,デリケートゾーン,陰毛

 

除毛剤には色々な種類があります。色々な種類がある中には、自分の肌に合わないものがある可能性もあります。

 

肌に負担にならないものを選ぶ

 

除毛剤,デリケートゾーン,陰毛

 

除毛剤を選ぶ上でのポイントは、「肌に負担にならない成分を含んでいるもの」を選ぶことです。肌に合わなかったり刺激になるような強い成分が含まれている除毛剤を使うと、アレルギー反応が出たり、かぶれといったトラブルを引き起こすことがあります。

 

美容成分が配合されている除毛剤

 

除毛剤,デリケートゾーン,陰毛

 

肌の負担にならない除毛剤の選び方として「美肌成分」に注目します。美肌成分を多く含んでいる除毛剤を選ぶことで、除毛しながら美肌ケアも同時に行ってくれるので、除毛後の肌をツルツルにし、肌を乾燥や刺激から守ってくれます。

 

除毛した後は特に肌が乾燥しやすい状態になるので、強い成分や自分の肌に合わない除毛剤を使い続けるのはトラブルを起こす危険を高めます。なので、除毛剤を選ぶ際は肌トラブルリスクを減らす美肌成分が配合されているものを選ぶことをおススメします。

 

男性用の除毛剤に注意

 

除毛剤,デリケートゾーン,陰毛

 

除毛剤のほとんど商品は、男女ともに使えるものですが、中には男性用と表記されている商品もあります。男性用の除毛剤には、美肌成分が含まれていなかったり、含まれていても少ない場合があります。

 

なので、肌の負担を考えると、やはり美肌成分が入っていて肌に優しい除毛剤を選ぶことで、負担なく安心して除毛効果を得られます。

除毛剤を使用する上での欠点と利点を知ろう

 

除毛剤,デリケートゾーン,陰毛

 

除毛剤を使用する上での欠点と利点をまとめてみました。

 

利点

だた塗るだけで処理できる

 

除毛剤,デリケートゾーン,陰毛

 

除毛剤を使う上での利点として、まず「だた塗るだけで処理できること」です。カミソリで処理すると肌を傷つけてしまう心配がありますが、除毛剤は塗って広げて10分くらい待って洗い流すだけなので、肌を傷つけてしまう心配がありません。

 

また、膝下や背中といった直接見えない部位で、カミソリで手入れするのが難しい部位の処理にも適しています。

 

処理した後のザラザラやチクチク感がない

 

除毛剤,デリケートゾーン,陰毛

 

2つ目の利点は「処理した後のザラザラやチクチク感がないこと」です。除毛剤は塗って置いて流すだけなので、カミソリで剃った後のザラザラ感やチクチク感が少ないことも利点です。

 

カミソリは肌から出ている表面を剃っているので毛の先端が角ばりザラザラしたりチクチクしますが、除毛剤は毛穴の少し奥から毛を溶かすことでムダ毛処理を行い毛の先端が丸くなるのでチクチクしたり、ザラザラすることが少ないです。

 

カミソリと比較して綺麗に仕上がる

 

除毛剤,デリケートゾーン,陰毛

 

3つ目の利点は「カミソリと比較して綺麗に仕上がること」が挙げられます。毛は肌に対して真っ直ぐに生えているように見えますが、実は斜めに生えている場合が殆どなのです。除毛剤は毛を溶かすので、断面積が小さくて済み、より綺麗に見せてくれます。

 

黒ずみになりにくい

 

除毛剤,デリケートゾーン,陰毛

 

4つ目の利点は「黒ずみになりにくいこと」です。カミソリで自己処理を続けていると、刺激によるダメージが蓄積されて黒ずみを引き起こします。除毛剤は毛を溶かすので、カミソリよりも肌に優しく処理できることで黒ずみを起こすリスクが少なくて済みます。

 

お手入れの回数を減らすことが出来る

 

除毛剤,デリケートゾーン,陰毛

 

5つ目の利点は「カミソリと比較してお手入れの回数を減らすことが出来ること」です。毛穴の少し奥から毛を溶かし、カミソリで処理するよりも深く除毛できるので、綺麗な状態が維持できてお手入れの回数を減らせます。

 

欠点

永久脱毛はできない

 

除毛剤,デリケートゾーン,陰毛

 

欠点1つ目として「永久脱毛はできないこと」です。カミソリと比較するとお手入れする回数は減らせますが、ずっとお手入れしなくても良くなるわけではありません。時間が経つとまた生えてきます。頻繁にお手入れが必要な部位を少しでも楽に綺麗にしたい人に適しています。

 

敏感肌や肌の弱い方はアレルギーを起こすリスクがある

 

除毛剤,デリケートゾーン,陰毛

 

2つ目の欠点として「敏感肌や肌の弱い方はアレルギーを起こすリスクがある」ことです。除毛剤は毛を溶かしてムダ毛を処理しますが、肌をわずかに溶かしています。肌への影響は少ないですが、敏感肌や肌の弱い人は使用前にパッチテストを行うことをオススメします。

 

除毛剤から肌を守るためにも、美肌成分を多く含んでいるものを選ぶのも肌へのリスクを減らすことができます。

チクチクしないムダ毛処理には除毛剤を使うのがおススメ!

 

除毛剤,デリケートゾーン,陰毛

 

ムダ毛をカミソリで自己処理した後にチクチクと感じることがあります。チクチクしているところはどうしても気になってしまいます。ですが、除毛剤でムダ毛を処理した後はチクチクしにくいです。

 

チクチクしない理由

 

除毛剤,デリケートゾーン,陰毛

 

除毛剤での処理後にチクチクしない理由は、肌の外に出ているムダ毛を溶かして無くす仕組みで処理をするからです。チクチクしてしまう原因は残ってしまった毛の先端がとんがってしまうことです。カミソリで剃った後は残った毛の先端がとがるのでチクチクと感じます。

 

除毛剤を使うと残った毛の先端が丸くなっているのでチクチク感をなくすことができます。また、カミソリで処理した後に生えてくる毛は先端が太くなり、曲がりにくく先端部分がむき出しになることがチクチク感を引き起こしてしまいます。

 

また、カミソリでの処理は毛を直線にカットするのでどうしても先端が尖ります。太くて曲がりにくい毛と尖った毛先を作ってしまうことがチクチクの原因です。除毛剤は肌表面の毛を溶かして、毛先を丸くするのでカミソリで剃った後のポツポツが見えにくくなり、チクチクもしません。

 

除毛剤は費用をかけずに、自宅で広い範囲のムダ毛処理を行え、仕上がりがチクチクしないので手軽にチクチクしないムダ毛処理方法としてオススメです。

ヌークミルクローションの口コミまとめ※実際の効果はこれだった!トップページへ濃いムダ毛がコンプレックスの方、もっと簡単に除毛したい方は、トップページでヌークミルクローションの詳細をチェックしてみてください。