除毛剤で肌が荒れた時の対処法

 

除毛剤,荒れた

 

除毛剤で肌が荒れたら、直ぐに使用を中止します。異変は赤みや炎症等の見た目に分かりやすい症状だけではなく、ヒリヒリとした感覚やピリピリとした感じ等除毛剤を塗った部分の異変にも目を配ります。痛みやかゆみやかぶれ等が起きた時は、病院で治療をするのがおすすめです。

 

かゆみがあると寝ている時等の知らないうちに掻きむしってしまう事があり、このようにならないためにもかぶれの状況が酷い場合は病院に早めに行きます。もしも病院に行く時間がない場合は、ドラッグストアで軟膏等を購入します。

 

トラブルの状態によっては、対処する方法は違ってくる場合もあり注意をします。ドラッグストアには薬剤師が居るため、症状を伝えて判断を仰ぎます。軟膏でおすすめなのが、小林製薬のフェミニーナ軟膏です。デリケートゾーンのかゆみに効くと言われていて、皮膚トラブルにも使用が出来ます。

 

ステロイド剤も入っていないため、ステロイドが嫌な人はとても良いです。除毛剤で肌が荒れる人は、アトピーや敏感肌の人が多いです。そのような人は、必ずパッチテストを行ってから使用をします。パッチテストは、10円玉程の大きさでクリームを塗って、洗い流します。

 

1時間様子を見て、炎症やかぶれがないか確認をします。

除毛剤がうまくいかない原因と対処法

 

除毛剤,荒れた

 

除毛剤がうまくいかない原因は、ほとんどが間違った除毛クリームを選んでいたり間違った使い方をしているためです。処理残しをしないコツは、毛質に合った除毛剤を選びます。

 

毛が薄い人は比較的多くの除毛剤で十分な効果を得られるが、少し毛の濃い人は特に注意をして選ぶ必要があります。ドラッグストア等に売られている低価格の除毛剤は、毛の薄い女性向けに作られているものが多いです。

 

少し毛深い人はこのような除毛剤では、ムダ毛を上手く処理出来ないで剃り残しが出来てしまいます。処理残しを出さないために、使用前には処理をする部位を清潔にする事が重要です。除毛する部位に汚れが溜まっていると、ムダ毛を処理するのに成分が染み込みにくくなります。

 

また肌が乾燥している状態で除毛剤を使用すると、肌荒れの原因にもなります。お風呂上りのような肌が清潔で保湿もされている状態が理想で、お風呂上りに使用出来ない場合は温めたタオルで汚れをしっかりと拭き取って保湿をしてから使用をします。

 

除毛剤は均一に塗る事も大事で、十分な量が塗れていない箇所は除毛成分がムダ毛の根本まで染み込まないで処理残しの原因になってしまいます。均一に塗るには、ヘラ等使うと上手くクリームを伸ばす事が出来ます。

除毛剤を使う時の理想的な毛の長さ

 

除毛剤,荒れた

 

除毛剤は生えている毛を処理するもので、ある程度の長さがないと出来ないです。太いタイプの毛であれば3センチくらいが理想的で、そのくらいの長さがないと十分な効果を発揮出来ないです。肌を触って感触がざらっとしてきたら、処理を行うのが良いです。

 

短い毛の場合は、2.3ミリ程度あれば除毛が出来ます。反対に長過ぎる毛になると、途中で切れてしまう場合があります。その時にはハサミで少しカットをしてある程度短くしてから、除毛剤を使います。

 

さすがに1ミリくらいの短さであると、根元が黒っぽく見えたり触った感じがチクチクしていて表面に出ている毛はかなり短いため除毛が難しいです。除毛剤を使っても、毛が上手く溶けないでぽつぽつした黒い毛が根元にほんの少しだけ残る事もあります。

 

しっかりと除毛を行う場合は、最低でも2.3ミリで長さを残して3センチまでにしておきます。長過ぎても短過ぎても駄目で、毛はある程度は長くしておかないといけないです。

 

短い毛でもしっかりと除毛出来る除毛剤もあり、チューブフィットしっかり除毛タイプとナチュラルズバスタイム除毛クリームしっかり除毛タイプです。

 

短い毛をしっかり除毛出来る理由は、片手で塗れるチューブになっていて先端がドーム型になっているため毛穴のくぼみにフィットしやすいためです。

ムダ毛の処理!カミソリと除毛剤どっちがいい?

 

除毛剤,荒れた

 

女性にとってムダ毛はあってはならないものです。ムダ毛を処理する方法は様々ありますが、カミソリと除毛剤についてお話していきます。まずムダ毛処理においてカミソリは一番メジャーで、多くの女性がカミソリでのムダ毛処理を経験しています。

 

お風呂で体を洗う時などに手軽に使えるのがカミソリの一番の魅力。現代のカミソリは昔の物と比べるととても進化しており、肌を傷めにくくなっているのも嬉しいポイントです。しかしカミソリは手軽に使える一方、鋭利な刃で毛をカットするので、毛が伸びてくるとチクチクします。

 

一方除毛剤は、見えている毛を切るのではなく「溶かす」仕組みになっています。よって、刃物で毛をカットしたときのようにチクチク感が抑えられるのです。また除毛剤はカミソリに比べ、手軽にできないようなイメージもありますが、そんなことはありません。

 

市販の除毛剤を除毛したい箇所に塗り、時間を置き、専用のへらなどで除毛剤を取っていくだけとなっています。カミソリに比べると少し時間はかかりますが、難しいことではありませんね。

 

このようにカミソリと除毛剤は、ムダ毛処理にかかる時間と、ムダ毛が伸びてきた時のチクチク感が違ってきます。どっちがいい!というのは無いので、ムダ毛処理に費やせる時間などで処理方法を使い分けるといいですね。

ヌークミルクローションの口コミまとめ※実際の効果はこれだった!トップページへ濃いムダ毛がコンプレックスの方、もっと簡単に除毛したい方は、トップページでヌークミルクローションの詳細をチェックしてみてください。